静岡で緑内障の治療を続けています

完治がないから根気強く付き合う

手術の必要がなくホッとした : 完治がないから根気強く付き合う : 生活指導など信頼できる病院で治療を続ける

具体的にどのような治療法で症状を改善していくのかという説明を受けたところ、眼圧を下げる効果がある目薬を使用することが分かりました。
手術をしないとしてももっと複雑な治療が必要になると想像していたので、目薬で症状が改善できることが驚きです。
障害が出てしまった視神経は元に戻らないので完治させることはできないのですが、視野が狭くならないように目薬などで対処していくことが分かりました。
一般的な目薬とは違った成分が含まれており、しっかりと眼圧を下げることができるそうで、病気を悪化させないためにも必ず毎日使うようにしました。
目薬を使っても症状が進行するケースもあるようですが、自分の場合は視野の欠損が進んでしまうこともなく、外科治療を行う必要がありませんでした。
視力の悪さ、見え方の異常はありますが、大きく視野が欠けていないので、日常生活に支障をきたすこともありません。
現在も継続して目薬を使用することで進行を食い止めていますが、これを怠った場合や、何かしらのきっかけがあった場合は症状が進行する可能性があるので、突然眼圧が上がって緑内障がひどく悪化するかもしれない事実に怯える気持ちがあります。
この病気は完治することがないので、これから先も根気強くつき合っていかなければならないと覚悟しています。

緑内障 治療 静岡専門治療が可能な病院8件