あなたの記事、活かされてますか?

ホームページが多すぎて優れたコンテンツでも埋没してしまう

ホームページ自体が珍しく、会社や芸能人などでも公式サイトが存在しないのが普通という時代と比べると、現在は逆に、会社や有名人に限らず、どんな人でも自分のホームページを持っていることは珍しくないという状況です。それによって、小さな情報でも世の中に広まりやすくなりましたが、一方であまりにもホームページが多すぎて、優れたコンテンツが掲載されているのにまったく認識されないというケースも増えてきています。
世の中に広まればいろいろな人が救われたり、感動できるような記事であっても、誰の目にもとまらなければまったくの無意味です。ホームページのコンテンツを書いた当人としても、書いたこと自体が無駄になってしまい、誰も幸せになりません。


SEOを駆使して人の目に触れるようにしよう

ではせっかく書いたコンテンツを無駄にしないためにはどうすればいいのでしょうか。インフルエンサーのようなネットで影響力のある人に読んでもらい、SNSで拡散してもらうというのは、よほどのコネがないと難しいので、やはり、SEOなどを駆使して人の目に触れるように工夫し、地道にアクセス数を増やしていくのがいいでしょう。
サイトのコンテンツは優れているのに検索サイトからのアクセスがほとんどないという場合、ホームページ自体になにか問題があるのかもしれません。たとえば、誤って検索サイトのロボットを拒否する設定をONにしている、あるいは検索サイトからスパムサイトと判定されてしまうようなことをしているなどが考えられます。